渋谷駅

若者が集まる街の大ターミナル


ハチ公口遠景。右の大きな建物は東急百貨店

ハチ公口

西口。この建物も東急百貨店

東口。gooの広告があるところが旧東横線ホーム

JR3・4番線にのみつながる新南口
上階はホテルメッツ渋谷になっている

ハチ公口に設置された「青ガエル」

副都心線開業に伴い、宮益坂口に新設された14番出口
【歴史】

 渋谷駅の開業は日本鉄道品川〜赤羽間開業と同時の明治18年。そのころはまだ渋谷も東京郊外のひとつの街に過ぎなかった。明治40年には東急田園都市線の前身の玉川電気鉄道(のちの東急玉川線)が渋谷〜玉川(現・二子玉川)間に開業した。これは玉電という愛称が付けられた路面電車である。

 東急東横線の前身東京横浜電鉄はそれからずっと後の昭和2年に開業。関東大震災を期に東京の市街地が西側へ広がり始め、だんだんと周辺の宅地化も進んでいった。

 忠犬ハチ公が渋谷駅前へ現れたのはこの頃で、話題となっていた昭和8年には帝都電鉄(現・京王井の頭線)が開業している。昭和13年には東京高速鉄道(現・東京メトロ銀座線)が開業し、日本で初めての地下鉄が全通した。(と言っても、当初は新橋での乗り換えが必要だったが)。

 昭和44年に東急玉川線は廃止され、その後8年間に渡って代行バスが運行された。地下化された新玉川線の開業は昭和52年。翌昭和53年には地下鉄半蔵門線が部分開業(渋谷〜青山一丁目。以降順次開業)し、新玉川線と直通運転を開始している。なお、新玉川線は平成12年に田園都市線に統一され、玉川線の名称は消えている。

 平成20年6月14日に、東京メトロ副都心線が乗り入れた。この路線の開業をもって、東京の地下鉄建設はいったん終了となった。東横線の渋谷駅も平成25年3月16日から副都心線ホームに移り、副都心線と直通運転を開始した。

【ホーム構造】

 JRのホームは高架式。山手線ホームは片面ホームが同方向を向いた2面2線構造で、埼京線ホームは島式1面2線構造。埼京線ホームはホーム1本分(約220メートル)南にずれているので、乗り換えは非常に不便。ひとつ隣の恵比寿駅で乗り換えるのが無難である。この埼京線のホームは、東横線渋谷駅の跡地に移転させる計画がある。

 銀座線のホームは東急東横店3階にあり、地下鉄なのに渋谷駅でもっとも高いところに発着。相対式2面2線構造で、1番線は降車専用。到着した電車はそのまま折り返さず、必ずいったん車庫へ引き上げてから戻ってくる。

 井の頭線ホームは、渋谷マークシティ2階部分に行き止まり式の2面2線ホーム。1番線の反対側には降車ホームがある。

 田園都市線と半蔵門線は、渋谷駅前交差点地下3階に島式1面2線のホームがある。実質的には路線の境界になっているだけの中間駅で、渋谷を終着にする列車は田園都市線の上り最終列車だけとなっている。このホームは東京メトロが管理していたが、平成19年12月2日より東急が管理することとなった。

 東横線・副都心線のホームは島式2面4線構造で、駅東口の明治通り地下5階にある。かつての東横線ホームはJRホームの東側に隣接する位置にあり、くし型の高架島式4面4線構造だった。

【改札口・出口】

 多岐にわたるため、詳細は下記別表参照。

【その他特筆事項】

・渋谷駅の待ち合わせ場所といえばハチ公像とモヤイ像。ハチ公像はハチ公が亡くなる1年前の昭和9年に建てられたが、戦時中の鉄材供出によってなくなり、現在の像は昭和23年に再建された2代目である。ちなみに、ハチ公の生まれ故郷である秋田県の大館駅前にもハチ公像が建てられている。こちらはハチ公没後の昭和10年に建てられたが、鉄材供出により撤去。再建はだいぶ時を隔てた昭和62年になってからだった。

・平成18年10月、ハチ公口広場に、旧東急5000系電車の実物が展示された。内部は渋谷の歴史などを紹介するスペースとして利用されており、入ることもできる。

・東横線・副都心線渋谷駅のデザインは、建築家の安藤忠雄氏が手がけた。地中にある宇宙船というコンセプトで、「地宙船」というネーミングが付けられている。ホームには大きな楕円形に吹抜になっている場所があり、そこへ自然の風が地上から流れ込むようになっている。空調の機械は一切なく、自然の風だけで給排気を行う「自然換気システム」は、地下駅としては世界初の導入である。

・平成25年以降、渋谷駅は大改修工事に入る。東横線ホームがあった位置に埼京線ホームが移転し、山手線との乗換が容易になるほか、銀座線ホームも東に50メートルほど移動した上で島式ホーム化する。同時に、駅ビルの新築やハチ公広場の拡張が行われ、渋谷駅は内外ともに大変貌を遂げる予定だ。

周辺地図はコチラ(詳細) (広域)

駅データ

駅名の読み しぶや
開業年月日 JR…明治18(1885)年3月1日 東急…昭和2(1927)年8月28日
京王…昭和8(1933)年8月1日 東京メトロ…昭和13(1938)年12月20日
所在地 JR、京王、東京メトロ…東京都渋谷区道玄坂1丁目 東急…東京都渋谷区渋谷2丁目
営業形態 すべて直営
1日の平均乗降客数 JR…89万1460人(平成19年度) 東急東横線…41万4833人(平成19年度) 
東急田園都市線…68万395人(平成19年度) 東京メトロ銀座線…25万8069人(平成19年度)
東京メトロ半蔵門線…47万2123人(平成19年度) 京王…34万3697人(平成19年度)
※JRの乗降客数は、公式発表の乗車人員客数(降車客は含まない)を単純に2倍にしたもの
※東急田園都市線と東京メトロ半蔵門線の乗降客数には相互直通通過客が含まれる。
所属路線 JR…山手線 東急…東横線 京王…井の頭線 東京メトロ…銀座線
乗り入れ路線 [戸籍上]
山手線 東急東横線 東急田園都市線 京王井の頭線 東京メトロ銀座線 東京メトロ半蔵門線
[便宜上]
山手線 埼京線 湘南新宿ライン 東急東横線 東急田園都市線 京王井の頭線 東京メトロ銀座線 東京メトロ半蔵門線 東京メトロ副都心線
徒歩連絡が可能な駅 なし
駅番号 東急…TY01 DT01
京王…IN01
東京メトロ…G01 Z01 F16
のりば案内 1番線…山手線外回り(新宿・池袋方面) 次は原宿
2番線…山手線内回り(品川・東京方面) 次は恵比寿
3番線…埼京線下り 湘南新宿ライン(新宿・大宮方面) 次は新宿
4番線…埼京線上り 湘南新宿ライン(大崎・横浜方面) 次は恵比寿
東京メトロ1番線…銀座線下り(降車専用)
東京メトロ2番線…銀座線上り(浅草方面) 次は表参道
地下1番線…東急田園都市線下り(二子玉川・中央林間方面) 次は池尻大橋
地下2番線…東京メトロ半蔵門線下り(押上・南栗橋・久喜方面) 次は表参道
地下3・4番線…東急東横線下り(横浜・元町・中華街方面) 次は代官山
地下5・6番線…東京メトロ副都心線上り(新宿三丁目・池袋方面) 次は明治神宮前
京王1・2番線…井の頭線下り(明大前・吉祥寺方面) 次は神泉
発着する速達列車 JR…特急成田エクスプレス 湘南新宿ライン快速 湘南新宿ライン特別快速
おはようライナー新宿 ホームライナー小田原 埼京線快速 埼京線通勤快速
東急…東横線特急 東横線通勤特急 東横線急行 田園都市線急行 田園都市線準急
京王…急行
東京メトロ半蔵門線…急行 区間急行(東武線直通 半蔵門線内は各駅停車)
東京メトロ副都心線…S-TRAIN 急行
駅名改称歴 なし
駅内設備 みどりの窓口
旅行センター…びゅうプラザ・東急観光・京王観光
東京メトロ定期券売り場
東急定期券売り場
京王定期券売り場
主な併設施設 東急百貨店東横店
渋谷エクセルホテル東急
渋谷マークシティ
ホテルメッツ渋谷
主な周辺施設 109
Q FRONT
渋谷東急プラザ
セルリアンタワーセルリアンタワー東急ホテルやオフィスが入居する複合ビル。
シブヤ西武
マルイシティ渋谷
マルイヤング渋谷
タワーレコード渋谷店
HMV渋谷店
渋谷ロフト
渋東シネタワー
東急ハンズ渋谷店
パルコ
東急百貨店東急本店
Bunkamura
渋谷区役所
たばこと塩の博物館
電力館
渋谷公会堂
NHK放送センター
渋谷センター街
宮下公園
渋谷警察署
渋谷ヒカリエ

改札口・出口情報

JR改札口
中央改札 3階、山手線ホーム中央付近、埼京線ホーム新宿寄りの階段を上った先にある改札。埼京線ホームとは直接つながっていないが、連絡通路を介して行くことができる。ホーム行きエレベーターあり。京王井の頭線・東京メトロ銀座線への乗換はコチラ。
ハチ公改札 1階、山手線ホーム原宿寄りの階段を下り、180度転回したところにある改札。
ハチ公臨時改札 1階、山手線ホーム原宿寄りの階段を下りた正面にある改札。東急田園都市線・東京メトロ半蔵門線への乗換はコチラ。
玉川改札 2階、山手線1番線ホームに直結する改札。内回りへ乗車する場合は利用しないほうがよい。
南改札 1階、山手線ホーム恵比寿寄りの階段を下りた先にある改札。東急南口が近く、乗換には中央口を使うよりも便利。1番線ホーム行きエレベーターあり。
新南改札 3階、埼京線ホーム恵比寿寄りの階段を上った先にある改札。ホーム行きエレベーターあり。山手線ホームからは遠い。
京王改札口
中央口 2階、井の頭線ホーム車止め側に直結する改札。JR・東急・東京メトロへの乗換はコチラ。
西口 1階、井の頭線ホームから階段を下りた先にある改札。
アベニュー口 4階、井の頭線ホームから階段を上った先にある改札。渋谷マークシティ4階にある。
東京メトロ銀座線改札口
東急百貨店方面改札 3階、銀座線降車ホーム西寄りにある改札。出口専用。京王井の頭線への乗換はコチラ。東急百貨店のエレベーターを使って地上へ下りることができる。
ハチ公前交差点方面改札 3階、銀座線降車ホーム中央付近にある改札。出口専用。JR中央口が向かいにある。段差あり。
宮益坂方面改札 3階、銀座線降車ホーム東寄りにある改札。出口専用。東急東横線への乗換はコチラ。段差あり。
入口専用改札(ホーム中央) 3階、銀座線乗車ホーム中央付近にある改札。入口専用。JR・京王井の頭線からの乗換はコチラ。
入口専用改札(ホーム東) 3階、銀座線乗車ホーム東寄りにある改札。入口専用。東急東横線からの乗換はコチラ。
東急田園都市線・東京メトロ半蔵門線・東急東横線・東京メトロ副都心線改札口(東急管理)
道玄坂改札 地下2階、地下ホーム1・2番線ホーム中央林間寄りの階段を上った先にある改札。1〜3番出口が近い。田園都市線・半蔵門線ホーム行きエレベーターあり。
ハチ公改札 地下2階、地下ホーム1・2番線ホーム中央付近の階段を上った先にある改札。JR・東急東横線・京王井の頭線への乗換はコチラ。4〜8番出口が近い。
宮益坂中央改札 地下2階、地下ホーム1・2番線ホーム押上寄りの階段を上った先にある改札。地下3〜6番線ホーム和光市寄りの階段を上っても行ける。9・10・14番出口が近い。
宮益坂東改札 地下2階、宮益坂中央改札の反対側に、平成20年2月に新設された改札。11〜13番出口が近い。
渋谷ヒカリエ1改札 地下3階、地下3〜6番線ホーム中央付近の階段を上った先にある改札。半蔵門線連絡通路・副都心線ホーム行きエレベーターあり。14〜16番出口が近い。
渋谷ヒカリエ2改札 地下3階、地下3〜6番線ホーム横浜寄りの階段を上った先にある改札。14〜16番出口が近い。
出口(JR・東急東横線・東京メトロ銀座線)
ハチ公口 駅北側の自由通路の西側にある出口。有名なハチ公前広場がある。道玄坂・渋谷センター街へはコチラ。
宮益坂口 駅北側の自由通路の東側にある出口。宮益坂方面へはコチラ。
西口 駅南側の自由通路の西側にある出口。
東口 駅南側の自由通路の東側にある出口。
出口(JR専用)
新南口 駅の最南部にある出口。ホテルメッツを併設する。
出口(東急田園都市線・東京メトロ半蔵門線・東京メトロ副都心線)
1番出口 渋谷区道玄坂2丁目29番地。ザ・プライムに併設。
2番出口 渋谷区道玄坂2丁目6番地。渋東シネタワーに併設。
3番出口 渋谷区宇田川町23番地。
3a番出口 渋谷区道玄坂2丁目30番地。シブヤ109に併設。
4番出口 渋谷区道玄坂2丁目3番地。
5番出口 渋谷区道玄坂2丁目3番地。渋谷マークシティ・井の頭線渋谷駅はコチラ。
6番出口 渋谷区宇田川町21番地。Q FRONT・西武百貨店・渋谷センター街はコチラ。
7番出口 渋谷区神南1丁目23番地。
7a番出口 渋谷区神南1丁目23番地。
8番出口 渋谷区道玄坂2丁目1番地。ハチ公前広場にある出口。JR・東急東横線への乗換はコチラ。
9番出口 渋谷区渋谷2丁目。渋谷駅宮益坂口付近。東口バスターミナルはコチラ。
10番出口 渋谷区渋谷1丁目24番地。
11番出口 渋谷区渋谷1丁目14番地。
12番出口 渋谷区渋谷2丁目20番地。
13番出口 渋谷区渋谷1丁目16番地。
13a番出口 渋谷区渋谷1丁目16番地。13番出口連絡通路階行きエレベーター専用出口。
14番出口 渋谷区渋谷2丁目。渋谷駅宮益坂口付近。
15番出口 渋谷区渋谷2丁目21番地。東横線連絡通路階・東急新正面改札階行きエレベーターあり。
16番出口 明治通り付近。

エレベーター情報 (バリアフリー達成度 JR… 東急東横線… 東京メトロ銀座線… 東急田園都市線・東京メトロ半蔵門線・東京メトロ副都心線… 京王…

改札内 【JR】
南改札コンコース(1F)⇔1番線ホーム(2F)
1番線ホーム(2F)⇔中央改札コンコース(3F)
2番線ホーム(2F)⇔中央改札コンコース(3F)
3・4番線ホーム(2F)⇔中央改札コンコース(3F)
3・4番線ホーム(2F)⇔新南改札コンコース(3F)

※中央改札コンコースには全てのホームへ下りられるエレベーターがあるが、中央改札を出た先に地上へ下りるエレベーターがない。1番線ホームには直接1Fの南改札へ下りられるエレベーターがあるが、2番線からエレベーターを使って地上に下りるためには、いったん3Fの中央改札へ上ってから1番線へ下り、さらに南改札へ下りるという面倒な手順を踏まなくてはならない。

【東急東横線】
正面口改札がホームに直結しているため、不要。

【東京メトロ銀座線】
乗車ホーム側改札は、改札とホームの間に数段の段差があるが、車イス昇降機が設置されている。

【東急田園都市線 東京メトロ半蔵門線 東京メトロ副都心線】
エレベーターA:地下1・2番線ホーム(B3F)⇔道玄坂改札階(B2F)
エレベーターB:副都心線コンコース(B4F)⇔地下1・2番線ホーム(B3F)
エレベーターC・D:副都心線3・4番線ホーム(B5F)⇔副都心線コンコース(B4F)⇔新正面改札階(B3F)⇔宮益坂中央・宮益坂東改札階(B2F) ※このエレベーターは2基ある。

【京王】
ホームと中央口改札が直結しているため、不要。
改札外 東急東横店1F⇔JR玉川改札・京王中央改札階(2F)⇔銀座線ハチ公方面改札階(3F)
※このエレベーターは駅専用ではなく、東急東横店のもの。
渋谷マークシティ1F⇔京王中央改札・JR玉川改札階(2F)⇔渋谷マークシティ3F・銀座線改札階
※このエレベーターからはスロープを通って銀座線の乗車専用改札へ行くこともできる。
宮益坂口(1F)⇔東急東横線正面口改札階(2F)
新南口(1F)⇔新南改札階(3F)
※このエレベーターはホテルメッツ渋谷内にある。

13番出口連絡通路階(B3F)⇔東急宮益坂中央・宮益坂東改札階(B2F)
13番出口連絡通路階(B3F)⇔地上13a出口
東急新正面改札階(B3F)⇔地上15番出口⇔東急東横線連絡通路階(2F) ※このエレベーターは2基ある。

渋谷駅写真ギャラリー

東横線・副都心線渋谷駅のデザインコンセプトである「地宙船」がよく体感できる地点。渋谷ヒカリエ1改札を入ってすぐ目の前にあるエスカレーターの裏側にある。
15番出口の横には、地上まで吹抜になっている個所が存在する。ここから自然の風が駅に吹き込み、空調の役割を果たすことになっている。
上写真とほぼ同一地点の現在の様子。渋谷ヒカリエの地下エントランスとなっている。
吹抜部分を東横線・副都心線ホームから見上げる。
吹抜部分を改札階から見下ろした様子。
副都心線ホームの車止め寄りに設置されていた、「地宙船」の模型。
地下3〜6番宣ホームの内側2線は、副都心線開業時にはまだ使用されていなかった。乗客の利便性向上のため、写真のように両側のホームを仮設の渡り通路で結んでいたが、平成24年6月頃にこの通路は撤去された。
相互直通運転開始当日(平成25年3月16日)の地下4・5番線ホームの様子。
東急東横線渋谷駅高架ホーム最末期(平成25年3月9日撮影)の模様と、地下移転当日(同3月16日撮影)の模様。下写真では既に「渋谷駅」の表示が消されていた。
東急東横線渋谷駅高架ホーム在りし日の様子。
地下移転当日の東急東横線高架ホームの様子。
相互直通運転開始をPRするため、旧東横線正面改札付近に置かれていた東急のマスコット「のるるん」の人形。
平成20年11月17日より、東急東横店(JR・東急・東京メトロ銀座線渋谷駅)と渋谷マークシティ(京王渋谷駅)を結ぶ通路において、岡本太郎作の巨大壁画「明日の神話」の展示が始まった。

平成15年にメキシコで発見されて以来、日本テレビタワー、東京都現代美術館などで展示されてきたが、最終的にこの場で恒久展示される。

正面から見ると通路の柱がどうしてもかぶってしまうので、全体を撮るには壁画左側の階段からのアングルがよい。

壁画の幅は通路の長さとほぼ一致しており、まるではじめからこの壁画を設置できるように設計されていたかのようである。

都区内全駅ガイド