自由が丘駅

「住みたい街」ランキング上位常連の街の駅

自由が丘のレストランから美容院、スクール、各種ビジネス情報をまとめたオンラインエリアガイドです
自由が丘エリアガイドはコチラ


ロータリーがある正面口

大井町線1番線ホーム直結の南口
狭い道に面している
【歴史】

 自由が丘駅は昭和2年、東京横浜電鉄が渋谷〜丸子多摩川(現・多摩川)間を開業させたのと同時にできた駅。2年後の昭和4年11月1日には大井町線の自由が丘以西が開業。同年12月25日に反対側も開業し、大井町線の直通運転が開始された。

 当初の駅名は九品仏といったが、大井町線により九品仏に近い駅ができることになったため、駅名をそちらに譲って自由ヶ丘と改称した。「ヶ」の字が平仮名になったのは昭和41年のことである。

【ホーム構造】

 自由が丘駅は東横線と大井町線が交わる立体交差駅である。大井町線が使用する1・2番線ホームは地上相対式2面2線で、東横線が使用する3〜6番線ホームは高架島式2面4線構造である。改札とホームを結ぶエスカレーター・エレベーターは大井町線1番線ホームと東横線ホームを結ぶものが2基と、大井町線2番線ホームと東横線ホームを結ぶものが2基の計4基がある。これにより、全ての改札口と全てのホームがエレベーターで結ばれた。

【改札口・出口】

 改札口・出口は駅北西にある正面口と、北側にある北口、1番線ホーム直結の南口の3カ所。

【その他特筆事項】

 自由が丘という地名は新しいようでいて、その発祥は戦前、手塚岸衛がこの地に自由ヶ丘学園を創設したことに始まる。現在の自由が丘はお洒落な街として発展し、雑誌などで「住みたい街特集」があると決まって上位に食い込む。近年は1位が定位置にようである。

周辺地図はコチラ(詳細) (広域)

駅データ

駅名の読み じゆうがおか
開業年月日 昭和2(1927)年8月28日
所在地 東京都目黒区自由が丘1丁目
営業形態 直営
1日の平均乗降客数 13万6151人(平成19年度)
所属路線 東急東横線
乗り入れ路線 東急東横線 東急大井町線
徒歩連絡が可能な駅 なし
駅番号 TY07 OM10
のりば案内 1番線…大井町線下り(二子玉川・溝の口方面) 次は九品仏
2番線…大井町線上り(旗の台・大井町方面) 次は緑が丘
3・4番線…東横線下り(菊名・横浜・元町・中華街方面) 次は田園調布
5・6番線…東横線上り(渋谷・池袋方面) 次は都立大学
発着する速達列車 東横線…S-TRAIN 特急 通勤特急 急行
大井町線…急行
駅名改称歴 昭和4年10月22日、九品仏(くほんぶつ)から自由ヶ丘(じゆうがおか)に改称
昭和41年1月20日、現駅名に改称
駅内設備 東急定期券売り場
旅行センター…テコプラザ
主な併設施設 エトモ自由が丘
主な周辺施設 自由が丘とうきゅう
丸井
大丸ピーコック
メルサ自由が丘

エレベーター情報 (バリアフリー達成度 

改札内 大井町線1番線ホーム・南口改札階(1F)⇔東横線3・4番線ホーム(2F)
大井町線1番線ホーム・南口改札階(1F)⇔東横線5・6番線ホーム(2F)
大井町線2番線ホーム・正面口・北口改札階(1F)⇔東横線3・4番線ホーム(2F)
大井町線2番線ホーム・正面口・北口改札階(1F)⇔東横線5・6番線ホーム(2F)
改札外 いずれの改札も1Fにあるため、不要。

都区内全駅ガイド