緑が丘駅

元祖・みどりがおか駅


交差点に面した駅出入り口
【歴史】
 緑が丘駅は昭和4年、目黒蒲田電鉄が大岡山〜自由が丘間を開業させたと同時にできた駅。当時は丸中山駅といった。

【ホーム構造】
 ホームは高架相対式2面2線。エレベーター・エスカレーターは設置済み。

【改札口・出口】
 改札口・出口はいずれも1カ所のみ。

【その他特筆事項】
 全国に「みどりがおか」と名乗る駅名はいくつかあるが、ここは昭和8年から名乗っており恐らく最古参だと思われる。

周辺地図はコチラ(詳細) (広域)

駅データ

駅名の読み みどりがおか
開業年月日 昭和4(1929)年12月25日
所在地 東京都目黒区緑が丘3丁目
営業形態 直営
1日の平均乗降客数 9290人(平成19年度)
所属路線 東急大井町線
乗り入れ路線 東急大井町線
徒歩連絡が可能な駅 なし
駅番号 OM09
のりば案内 1番線…大井町線下り(二子玉川・溝の口方面) 次は自由が丘
2番線…大井町線上り(大岡山・大井町方面) 次は大岡山
発着する速達列車 なし
駅名改称歴 昭和8年4月1日、丸中山(まるなかやま)から緑ケ丘(みどりがおか)に改称
昭和41年1月20日、現駅名に改称
駅内設備 なし
主な併設施設 なし
主な周辺施設 呑川緑道

エレベーター情報 (バリアフリー達成度 

改札内 改札階(1F)⇔1番線ホーム(2F)
改札階(1F)⇔2番線ホーム(2F)
改札外 改札が1Fにあるため、不要。

都区内全駅ガイド