曳舟駅

伊勢崎線・半蔵門線・亀戸線の接続駅


東京曳舟病院を併設する東口

西口
【歴史】

 曳舟駅は、明治35年の吾妻橋(現・とうきょうスカイツリー)〜北千住間開業時にできた駅。その2年後の明治37年には、亀戸線も開通している。平成15年に半蔵門線が押上まで全通した際、曳舟から押上までの線路も開通し、直通運転が開始された。

【ホーム構造】

 ホームは高架複合式3面5線構造。伊勢崎線が発着する1〜4番線(島式ホーム2面)と、亀戸線が発着する5番線(片面ホーム1面)から成っている。ホームと改札階を結ぶエレベーターは、平成18年3月に全てのホームに設置された。

【改札口・出口】

 改札口は1カ所のみで、地上1階にある。出口は西口と東口の2カ所。

【その他特筆事項】

・曳舟〜北千住間の各駅は、準急は全列車が停車するものの、半蔵門線直通の区間準急・通勤準急は停車しないので注意。曳舟駅からそれらの駅へ行く際は気を付けよう。

・平成29年4月1日、駅に併設して「東京曳舟病院」が開院した。同時に「東京曳舟病院前」の副駅名が付けられた。

周辺地図はコチラ(詳細) (広域)

駅データ

駅名の読み ひきふね
開業年月日 明治35(1902)年4月1日
所在地 東京都墨田区東向島2丁目
営業形態 直営
1日の平均乗降客数 1万9995人(平成19年度)
所属路線 東武伊勢崎線
乗り入れ路線 東武伊勢崎線 東武亀戸線
徒歩連絡が可能な駅 京成曳舟駅(京成押上線)…直線距離で東へ約200メートル。
駅番号 TS-04
のりば案内 1・2番線…伊勢崎線下り(北千住・南栗橋・伊勢崎・東武日光方面) 次は東向島
3・4番線…伊勢崎線上り(浅草方面) 次はとうきょうスカイツリー 半蔵門線直通(渋谷・中央林間方面) 次は押上
5番線…亀戸線下り(亀戸方面) 次は小村井
発着する速達列車 伊勢崎線…急行 区間急行 準急 区間準急
駅名改称歴 なし
駅内設備 なし
主な併設施設 東京曳舟病院…平成29年4月1日開院。
主な周辺施設 曳舟文化センター

エレベーター情報 (バリアフリー達成度 

改札内 改札階(1F)⇔1・2番線ホーム(2F)
改札階(1F)⇔3・4番線ホーム(2F)
改札階(1F)⇔5番線ホーム(2F)
改札外 改札が1Fにあるため、不要。

都区内全駅ガイド