とうきょうスカイツリー駅

東京スカイツリーの最寄り駅


リニューアルされた正面口

東改札口の北側に設けられている出口

東改札口の南側の出口
目の前に、東京ソラマチへの階段がある

新設された東改札口
【歴史】

 とうきょうスカイツリー駅は明治35年に「吾妻橋」として開業した駅。戦前の一時期営業していなかった期間もあったが、昭和6年に現在の浅草駅が開業するまでは東武の起点を務めていた。明治43年から昭和6年までは、「浅草駅」を名乗っていたこともある。その後「業平橋」と改称された後、平成24年3月17日、東京スカイツリーのオープンに先立ち、最寄り駅として現駅名へ再び改称された。

【ホーム構造】

 ホームは高架島式1面2線構造。ホームと改札階を結ぶエレベーターは設置済みである。

【改札口・出口】

 改札口は、従来の改札を改装した正面改札口と、スカイツリー方面へ直結する東改札口の2カ所で、ともに1階にある。東改札口からは、駅の南北にそれぞれ出口が設けられている。

【その他特筆事項】

・平成15年の半蔵門線全通以前には地上にも頭端式2面3線のホームがあり、浅草駅に入れない10両編成の電車は当駅を始発・終着としていた。また、都営・京成の押上駅との間に連絡地下通路も設けられていた。しかし、半蔵門線が開業して10両編成の電車がそちらに直通するようになると、地上ホームと連絡通路はいずれも廃止されてしまった。その跡地には現在、東京スカイツリーがそびえ立っている。

・とうきょうスカイツリー駅は東武鉄道本社の最寄り駅でもあり、駅に隣接して車両基地もある。

・以前は普通列車と区間準急などしか停車しなかった当駅だが、駅名改称と同時に特急列車も停車するようになった。当初は特急が停まるようになっても快速と区間快速が停まらないというチグハグな状況になっていたが、平成25年3月16日からは快速も停まるようになった。なお、平成26年3月31日までの期間限定の試みではあるが、当駅から浅草駅までの乗車に限り、10時以降の特急列車(但し、スカイツリートレインを除く)には特急券なしで乗車できる措置が取られている。

・旧駅名「業平橋」は、今後も副駅名「旧業平橋」として使用される。周辺の業平は平安時代の歌人在原業平にちなむものである。

周辺地図はコチラ(詳細) (広域)

駅データ

駅名の読み とうきょうすかいつりー
開業年月日 明治35(1902)年4月1日
所在地 東京都墨田区押上1丁目
営業形態 直営
1日の平均乗降客数 7万1143人(平成19年度) ※この乗降客数は押上駅との合算。
所属路線 東武伊勢崎線
乗り入れ路線 東武伊勢崎線
徒歩連絡が可能な駅 押上駅(都営浅草線 京成押上線 東京メトロ半蔵門線)…駅を出て東へ約400メートル。A3出口が最も近い。
駅番号 TS-02
のりば案内 1番線…伊勢崎線上り(浅草行き) 次は浅草
2番線…伊勢崎線下り(北千住・伊勢崎・東武日光・会津田島方面) 次は曳舟
発着する速達列車 特急けごん特急リバティけごん 特急きぬ 特急リバティきぬ
特急りょうもう 特急リバティりょうもう 特急リバティ会津
特急きりふり 特急しもつけ 特急スカイツリーライナー
区間急行 区間準急
駅名改称歴 明治43年3月27日、吾妻橋(あづまばし)から浅草(あさくさ)へ改称
昭和6年5月25日、浅草(あさくさ)から業平橋(なりひらばし)へ改称
平成24年3月17日、業平橋(なりひらばし)から現駅名へ改称。
駅内設備 なし
主な併設施設 なし
主な周辺施設 東武鉄道本社
ライター博物館
東京スカイツリー
東京スカイツリータウン
東京ソラマチ

エレベーター情報 (バリアフリー達成度 

改札内 改札階(1F)⇔ホーム(2F)
改札外 改札が1Fにあるため、不要。

とうきょうスカイツリー駅写真ギャラリー

旧駅名「業平橋」当時の駅出口。現在は改装され、正面改札口という名前が与えられている。
駅ホームから、現在東京スカイツリーがそびえ立っている地点を眺めた図。元は地平ホームなどがあった土地で、この写真を撮影した平成17年当時はご覧の通り何もなかった。
駅近くにある車両基地。特急りょうもう用の200系電車が留置中。
改良工事完了後のホームの様子。ホームの屋根は布張りとなっていて、明るい雰囲気となっている。残念ながら、下写真の通りホームからスカイツリーを眺めることはできない。ここから見ようとするとどうしても身を乗り出したりしてしまって危険なため、屋根でしっかり目隠しがされている。

都区内全駅ガイド