明大前駅

京王線と井の頭線が立体交差する駅


一部三階建ての駅舎
左奥にあるのが「フレンテ明大前」

平成19年5月にオープンした「フレンテ明大前」
【歴史】

 明大前駅は大正2年、京王電気軌道(当時)の最初の区間である笹塚〜調布間の開業と同時にできた駅。当時の駅名は火薬庫前という少々物騒なものだったが、大正6年に松原と改称された。井の頭線は帝都電鉄の手により昭和8年8月1日に乗り入れ。当初は独立した西松原駅と名乗っていたが、昭和10年2月8日に統合し、同時に駅名を現在のものに変えた。

【ホーム構造】

 明大前駅は立体交差駅。京王線・井の頭線ともに、相対式2面2線構造である。京王線ホームは高架、井の頭線ホームは掘割内にある。改札と各ホームを結ぶエレベーターは完備。

【改札口・出口】

 改札口・出口は従来1カ所のみだったが、駅ビル「フレンテ明大前」の完成に先駆けて、平成19年3月31日にフレンテ口が新設された。この改札は井の頭線3番線ホームにあり、出口専用である。

【その他特筆事項】

 明大前駅はその名の通り、明治大学和泉キャンパスへのアクセス駅である。平成19年5月24日、井の頭線3番線ホームの裏手に、駅ビル「フレンテ明大前」がオープンした。

周辺地図はコチラ(詳細) (広域)

駅データ

駅名の読み めいだいまえ
開業年月日 大正2(1913)年4月15日
所在地 東京都世田谷区松原2丁目
営業形態 直営
1日の平均乗降客数 7万8338人(平成19年度)
所属路線 京王線
乗り入れ路線 京王線 京王井の頭線
徒歩連絡が可能な駅 なし
駅番号 KO06 IN08
のりば案内 1番線…京王線下り(京王八王子・高尾山口・橋本方面) 次は下高井戸
2番線…京王線上り(新宿・本八幡方面) 次は代田橋
3番線…井の頭線下り(三鷹方面) 次は永福町
4番線…井の頭線上り(渋谷方面) 次は東松原
発着する速達列車 京王線…特急 準特急 急行 区間急行 快速
井の頭線…急行
駅名改称歴 大正6年、火薬庫前(かやくこまえ)から松原(まつばら)へ改称
昭和10年2月8日、現駅名へ改称
駅内設備 京王定期券売り場
旅行センター…京王観光
主な併設施設 フレンテ明大前
主な周辺施設 明治大学和泉校舎
築地本願寺和田堀廟所

改札口・出口情報

中央口 1Fにある従来からの改札口。入場の際はコチラから。
フレンテ口 B1F、井の頭線3番線ホームにある出口専用改札。駅ビル「フレンテ明大前」に直結している。7:30〜23:00

エレベーター情報 (バリアフリー達成度 

改札内 中央口改札階(1F)⇔京王線1番線ホーム(2F)
井の頭線4番線ホーム(B1F)⇔中央口改札階(1F)⇔京王線2番線ホーム(2F)
井の頭線3番線ホーム・フレンテ口改札階(B1F)⇔中央口改札階(1F)
改札外 中央口改札が1Fにあるため、不要。

明大前駅写真ギャラリー

店舗が並ぶ井の頭線3番線ホーム。「Soup Stock Tokyo」「カレーショップC&C」「フラワーショップ京王」「文明堂」「HIROTA」など8店舗が軒を連ねている。フレンテ明大前開店前にもここには店舗が並んでいたが、全面的に改装された。
井の頭線3番線ホームに新設された「フレンテ口」。出口専用で、改札の先には上りエスカレーターしかないため、再び改札には戻れない構造になっている。この改札の新設により、構内通路の混雑がやや解消された。

都区内全駅ガイド