四ツ木駅


駅全景

駅出入口
【歴史】

 四ツ木駅は、京成初の区間となった押上〜江戸川・柴又間と同時に開業した駅。八広〜四ツ木間は荒川橋梁の架け替えに伴い、平成9年に上り線が、平成11年に下り線が順次高架化した。

【ホーム構造】

 ホームは高架相対式2面2線構造で、3階にある。改札階とホームを結ぶエレベーターは、平成20年3月8日に供用開始。

【改札口・出口】

 改札口は1カ所のみで、2階にある。出口も1カ所のみ。地上と改札階を結ぶエレベーターは、平成20年3月8日に供用開始。

【その他特筆事項】

 地下鉄有楽町線と半蔵門線は、押上から四ツ木を通って亀有まで建設される計画がある。しかし、着工の目途はまったく立っていない。

周辺地図はコチラ(詳細) (広域)

駅データ

駅名の読み よつぎ
開業年月日 大正元(1912)年11月3日
所在地 東京都葛飾区四ツ木1丁目
営業形態 直営
1日の平均乗降客数 1万2218人(平成18年度)
所属路線 京成押上線
乗り入れ路線 京成押上線
徒歩連絡が可能な駅 なし
駅番号 KS48
のりば案内 1番線…押上線上り(押上・西馬込・羽田空港方面) 次は八広
2番線…押上線下り(青砥・印旛日本医大方面) 次は京成立石
発着する速達列車 なし
駅名改称歴 なし
駅内設備 なし
主な併設施設 なし
主な周辺施設 四ツ木公園
白髭神社
木根川薬師

エレベーター情報 (バリアフリー達成度 

改札内 改札階(2F)⇔1番線ホーム(3F)
改札階(2F)⇔2番線ホーム(3F)
改札外 地上⇔改札階(2F)

都区内全駅ガイド