鶯谷駅


陸橋上にある南口

日暮里寄り線路東側にある北口
線路の向かい側に行くことは難しい
【歴史】

 鶯谷駅は、明治時代が終わる2週間前の明治45年7月11日に追加開業した駅。

【ホーム構造】

 ホームは地上島式2面4線構造。ホームと改札階を結ぶエレベーターは、南口側にのみ設けられている。

【改札口・出口】

 改札口・出口は南口・北口の2カ所で、南口は陸橋上、北口は地上にある。ホームと北口駅舎は地下道でつながっている。

【その他特筆事項】

 鶯谷駅は大ターミナルである上野駅の隣に隠れて影が薄く、都区内のJR駅の中でもとりわけ地味で小規模である。それを裏付けるかのように、山手線の駅ではいちばん乗降客数が少ない。駅の西側は上野の山で、寛永寺の墓地になっている。東側は市街地だが、なぜかラブホテルが密集している。駅ホームから眺めても、ラブホテルばかりが目につく。こんなにも駅からラブホテルが見える駅も珍しい。

周辺地図はコチラ(詳細) (広域)

駅データ

駅名の読み うぐいすだに
開業年月日 明治45(1912)年7月11日
所在地 東京都台東区根岸1丁目
営業形態 直営
1日の平均乗降客数 4万7864人(平成19年度)
※JRの乗降客数は、公式発表の乗車人員客数(降車客は含まない)を単純に2倍にしたもの
所属路線 東北本線
乗り入れ路線 [戸籍上]
東北本線
[便宜上]
山手線 京浜東北線(快速は通過)
徒歩連絡が可能な駅 入谷駅(東京メトロ日比谷線)…南口を出て左へ。鶯谷駅下交差点で言問通りを右に曲がり約200メートル。
地下鉄駅番号 なし
のりば案内 1番線…京浜東北線北行き(赤羽・大宮方面) 次は日暮里
2番線…山手線内回り(池袋・新宿方面) 次は日暮里
3番線…山手線外回り(上野・東京方面) 次は上野
4番線…京浜東北線南行き(横浜・大船方面) 次は上野
発着する速達列車 なし
駅名改称歴 なし
駅内設備 なし 鶯谷駅のみどりの窓口は、指定券発売機の導入に伴って廃止されました
主な併設施設 なし
主な周辺施設 寛永寺…徳川家光の時代に建てられた徳川家の菩提寺です。
下谷病院

エレベーター情報 (バリアフリー達成度 

改札内 1・2番線ホーム(1F)⇔南口改札階(2F)
3・4番線ホーム(1F)⇔南口改札階(2F)
改札外 南口改札は出口に直結しているため、不要。

鶯谷駅写真ギャラリー

鶯谷駅の撮影に行った平成15年12月14日は、SL「あゝ上野駅号」の運転日だった。都区内でSLが走ることはたいへん珍しいことである。鶯谷駅ホームにはSLを待つ多くの人がいたが、この写真を撮った直後、ひとつ手前の線路に高崎線の211系電車がかぶさってしまい、みんなガッカリしてしまった。

都区内全駅ガイド