新三河島駅

明治通りに面した駅入り口
【歴史】
 新三河島駅は、昭和6年の日暮里〜青砥間開業と同時に設けられた駅。

【ホーム構造】
 ホームは高架島式1面2線構造。ホームと改札階を結ぶエレベーターは設置済み。

【改札口・出口】
 改札口・出口は1カ所のみで、地上1階にある。駅は、明治通りを跨いだ位置にある。

周辺地図はコチラ(詳細) (広域)

駅データ

駅名の読み しんみかわしま
開業年月日 昭和6(1931)年12月19日
所在地 東京都荒川区西日暮里6丁目
営業形態 直営
1日の平均乗降客数 5059人(平成18年度)
所属路線 京成本線
乗り入れ路線 京成本線
徒歩連絡が可能な駅 三河島駅…駅を出て明治通りを右へ約200メートル。宮地交差点を斜め右、尾竹橋通りを約500メートル。
駅番号 KS03
のりば案内 1番線…京成本線上り(京成上野方面) 次は日暮里
2番線…京成本線下り(成田空港・ちはら台・芝山千代田方面) 次は町屋
発着する速達列車 なし
駅名改称歴 なし
駅内設備 なし
主な併設施設 なし
主な周辺施設 荒川区役所
荒川税務署
岡田病院

エレベーター情報 (バリアフリー達成度 

改札内 改札階(1F)⇔ホーム(2F)
改札外 改札が1Fにあるため、不要。

都区内全駅ガイド