世田谷代田駅


新駅舎遠景
駅前広場は造成中

改札内にある「小田急環境ルーム」
地下トンネルや世田谷代田駅の模型が展示されている
【歴史】

 世田谷代田駅は、昭和2年の小田急小田原線全通時に設けられた駅。当初は世田谷中原駅といったが、昭和21年に現駅名に改称された。南口にあった旧駅舎は地下化工事に伴って解体され、平成18年3月26日より仮設の橋上駅舎での営業となった。その後、平成25年3月23日に地下線へ切り替えられた。

【ホーム構造】

 ホームは地下島式1面2線構造で、地下1階にある。ホームと改札階を結ぶエレベーターは完備。地上時代のホームも相対式2面2線構造で、跨線橋で連絡されていた。

【改札口・出口】

 改札口・出口は1カ所のみで、地上にある。地上時代は、改札と出口がそれぞれ南口と北口に分かれていた。

【その他特筆事項】

・平成25年3月23日の地下化当時は、仮ホームが現在の急行線である地下2階に設けられていた。平成30年3月3日の複々線化完成に伴い、地下1階に本来のホームが設けられ、仮ホームは撤去された。

・地上駅舎時代の跨線橋からは、天気がよくて空気が澄んだ日に富士山が眺められた。ちょうど、線路の小田原方と同じ方角に見えるため、遮るものが何もなかった。しかし、地下化と同時にその眺めは過去のものとなってしまった。

周辺地図はコチラ(詳細) (広域)

駅データ

駅名の読み せたがやだいた
開業年月日 昭和2(1927)年4月1日
所在地 東京都世田谷区代田2丁目
営業形態 直営
1日の平均乗降客数 8853人(平成19年度)
所属路線 小田急小田原線
乗り入れ路線 小田急小田原線
徒歩連絡が可能な駅 なし
駅番号 なし
のりば案内 1番線…小田原線下り(本厚木・唐木田・片瀬江ノ島・小田原方面) 次は梅ヶ丘
2番線…小田原線上り(新宿・綾瀬・我孫子・取手方面) 次は下北沢
発着する速達列車 なし
駅名改称歴 昭和21年8月20日、世田谷中原(せたがやなかはら)から改称
駅内設備 なし
主な併設施設 なし
主な周辺施設 円乗院

エレベーター情報 (バリアフリー達成度 

改札内 ホーム(B1F)⇔改札階(1F)
改札外 改札階が1Fにあるため、不要。

世田谷代田駅写真ギャラリー

平成25年3月23日に地下に切り替えされた直後のホームの様子。仮ホームは相対式2面2線構造だった。コチラは2番線で写真奥が小田原方面である。このホームは将来急行線となる線路に設けられていたため、複々線化完了後にお役御免となった。
地下化工事が始まる前の旧南口駅舎。
地下化工事が始まる前の旧北口駅舎。実に簡素な造りだった。

都区内全駅ガイド