泉岳寺駅

赤穂浪士が眠る泉岳寺の最寄り駅


泉岳寺最寄りのA2出口
泉岳寺は写真左手約150メートル

泉岳寺の入り口
【歴史】

 泉岳寺駅は、昭和43年6月の浅草線大門〜泉岳寺間と、京急本線の品川〜泉岳寺間延長開業と同時に設けられた駅。同時に、浅草線と京急線の直通運転も開始された。浅草線が西馬込まで延びたのは、その約半年後の同年11月15日である。

【ホーム構造】

 ホームは島式2面4線構造で、地下2階にある。外側の1・4番を京急本線へ通じ、内側の2・3番線は西馬込方面へ通じている。ホームと改札を結ぶエレベーターは未設置だが、設置の計画がある。

【改札口・出口】

 改札口は駅両端の2カ所で、ともに地下1階にある。出口はA1〜A4の4カ所(詳細は下記別表)。駅業務は東京都が行っている。

【その他特筆事項】

 駅名になっている泉岳寺は、赤穂浪士や浅野内匠頭の墓があることで有名。泉岳寺は寺の名前が駅名に使われることで周囲の地域名が「泉岳寺」になることを懸念し、都を相手取って訴訟を起こしたことがある。結果は泉岳寺の敗訴となった。

周辺地図はコチラ(詳細) (広域)

駅データ

駅名の読み せんがくじ
開業年月日 都営・京急ともに昭和43(1968)年6月21日
所在地 東京都港区高輪2丁目
営業形態 都営・京急ともに直営(駅の管理は都営)
1日の平均乗降客数 都営…18万61人(平成19年度) 京急…15万6757人(平成18年度)
※京急の乗降客数には、都営線直通人員を含む
所属路線 都営…浅草線 京急…本線
乗り入れ路線 都営浅草線 京急本線
徒歩連絡が可能な駅 なし
地下鉄駅番号 A07
のりば案内 1番線…京急本線(品川・羽田空港・三崎口方面) 次は品川
2番線…都営浅草線上り(西馬込方面) 次は高輪台
3・4番線…都営浅草線下り(押上・成田空港・印旛日本医大方面) 次は三田
発着する速達列車 エアポート快特 快特 アクセス特急 特急 通勤特急 エアポート急行 快速(エアポート快特以外は浅草線内各駅停車)
駅名改称歴 なし
駅内設備 なし
主な併設施設 なし
主な周辺施設 泉岳寺…忠臣蔵で有名な赤穂浪士の墓がある寺院です。資料館もあります。(画像
京浜急行電鉄本社
東海大学短期大学部
ホテル東京
高松宮邸…昭和天皇の弟、高松宮宣仁殿下(1905〜1987)のお屋敷です。
スリランカ大使館

改札口・出口情報

改札口
泉岳寺・高輪方面改札 地下1階、南側にある改札。A1・A2出口専用
三田・芝浦方面改札 地下1階、北側にある改札。A3・A4出口専用
出口
A1出口 港区高輪1丁目20番地。京急本社はコチラ。
A2出口 港区高輪1丁目16番地。泉岳寺はコチラ。
A3出口 港区高輪1丁目18番地。ホテル東京はコチラ。
A4出口 港区高輪1丁目19番地。

エレベーター情報 (バリアフリー達成度 ×

改札内 ホーム(B2F)と改札階(B1F)を結ぶものが最低2基必要だが、未設置
改札外 改札階(B1F)と地上を結ぶものが必要だが、未設置

都区内全駅ガイド