成増駅


橋上駅舎なのにフラットな南口

北口はペデストリアンデッキにつながっている
【歴史】

 成増駅は、大正3年に東上本線の池袋〜田面沢(廃駅・川越市〜霞ヶ関間にあった)間が開業して以来の駅。昭和58年に地下鉄有楽町線の営団成増駅(現・地下鉄成増駅)が開業すると、有楽町線が和光市へ延伸するまでの約4年間は乗換駅を務めた。

【ホーム構造】

 ホームは地上島式2面4線構造。急行・準急列車と各駅停車の乗換が同一ホームで行える。ホームと改札階を結ぶエレベーターは設置済み。

【改札口・出口】

 改札口は1カ所のみで、橋上駅舎内にある。出口は北口と南口の2カ所。

【その他特筆事項】

・各駅停車の一部には、成増駅で折り返すものも多く設定されている。

・駅はちょうど南北で高低差がある境目のところにあり、高いほうの南口へは橋上駅舎にもかかわらず階段を降りることなく出ることができる。

周辺地図はコチラ(詳細) (広域)

駅データ

駅名の読み なります
開業年月日 大正3(1914)年5月1日
所在地 東京都板橋区成増2丁目
営業形態 直営
1日の平均乗降客数 6万3963人(平成18年度)
所属路線 東武東上本線
乗り入れ路線 東武東上本線
徒歩連絡が可能な駅 地下鉄成増駅(東京メトロ有楽町線 副都心線)…南口を出て南へ約100メートル
駅番号 TJ-10
のりば案内 1・2番線…東上本線下り(川越市・小川町方面) 次は和光市
3・4番線…東上本線上り(池袋方面) 次は下赤塚
発着する速達列車 急行 通勤急行 準急
駅名改称歴 なし
駅内設備 東武定期券売り場
主な併設施設 東武ストア成増店
主な周辺施設 ダイエー成増店
西友成増店
成増アクトホール
アリエス

エレベーター情報 (バリアフリー達成度 

改札内 1・2番線ホーム(1F)⇔改札階(2F)
3・4番線ホーム(1F)⇔改札階(2F)
改札外 北口(1F)⇔ペデストリアンデッキ上(2F)
※また、南口はスロープのみで地上に下りることができる。

都区内全駅ガイド