和光市駅 特別収録駅

和光市の代表駅


駅前広場とロータリーがある南口

北口
【歴史】

 和光市駅は、昭和9年に新倉駅として追加開業した駅。その後、所在地の自治体名が新倉村から大和町、和光市と変遷するのに伴って駅名も改称されてきた。有楽町線が乗り入れたのは昭和62年のことである。同時に、東上線と有楽町線は直通運転を開始し、和光市駅にも急行が停まるようになるなど地位が向上した。平成20年6月14日からは、副都心線の起点駅ともなった。

【ホーム構造】

 ホームは高架島式2面4線構造で、2階にある。外側の1・4番線を東上線、内側の2・3番線を有楽町線と副都心線が使用する。ホームと改札階を結ぶエレベーターは、平成17年10月に供用開始された。

【改札口・出口】

 改札口は1カ所のみで、1階にある。出口は南口と北口の2カ所。

【その他特筆事項】

 和光市駅は、東京メトロの駅の中では唯一埼玉県にある駅である。

周辺地図はコチラ(詳細) (広域)

駅データ

駅名の読み わこうし
開業年月日 東武…昭和9(1934)年2月1日 東京メトロ…昭和62(1987)年8月25日
所在地 埼玉県和光市本町4丁目
営業形態 東武、東京メトロともに直営
1日の平均乗降客数 東武…12万8306人(平成18年度) 東京メトロ…10万6699人(平成18年度)
所属路線 東武…東上本線 東京メトロ…有楽町線
乗り入れ路線 東武東上本線 東京メトロ有楽町線 東京メトロ副都心線
徒歩連絡が可能な駅 なし
駅番号 東武…TJ-11
東京メトロ…Y01 F01
のりば案内 1番線…東武東上本線下り(坂戸・小川町・寄居方面) 次は朝霞
2番線…東京メトロ有楽町線・副都心線和光市止まり 有楽町線東上線直通列車(川越市・森林公園方面) 次は朝霞
3番線…東京メトロ有楽町線・副都心線下り(池袋・新木場・渋谷・元町・中華街方面) 次は地下鉄成増
4番線…東武東上本線上り(池袋方面) 次は成増
発着する速達列車 東武…快速急行 急行 通勤急行 準急
東京メトロ…副都心線急行
駅名改称歴 昭和9年7月12日 新倉(にいぐら)から新倉(にいくら)へ改称
昭和26年10月1日 新倉から大和町(やまとちょう)へ改称
昭和45年12月1日 大和町から現駅名へ改称
駅内設備 旅行センター…東武トラベル
主な併設施設 なし
主な周辺施設 イトーヨーカドー和光店
東急ストア
和光市役所
和光市民文化センター
埼玉県立和光樹林公園
本田技研工業和光本社
陸上自衛隊朝霞駐屯地

エレベーター情報 (バリアフリー達成度 

改札内 改札階(1F)⇔1・2番線ホーム(2F)
改札階(1F)⇔3・4番線ホーム(2F)
改札外 改札が1Fにあるため不要。この駅の改札階は周囲よりも若干低いところにあるが、南口・北口の双方にスロープが設けてある。

都区内全駅ガイド