北綾瀬駅

1面1線構造の地下鉄駅


駅東側

ホームドアがあるホーム
【歴史】

 北綾瀬駅は、昭和54年の千代田線北綾瀬支線綾瀬〜北綾瀬間開業時にできた駅。

【ホーム構造】

 ホームは高架片面1面1線構造で、2階にある。ホーム有効長は3両分で、ワンマン運転を行っているためにホームドアが設置されている。ホームと改札階を結ぶエレベーターは設置済み。

【改札口・出口】

 改札口・出口は1カ所のみで、1階にある。

【その他特筆事項】

・北綾瀬支線は、駅の北にある綾瀬検車区への回送線を旅客化して開業した区間。しかし営業列車は回送列車を使用するわけではなく、同区間用に組成された3両編成の専用編成が使用される。

・1面1線構造のホームを持つ駅は、都区内ではここのほかに大師前駅京成金町駅だけである。

周辺地図はコチラ(詳細) (広域)

駅データ

駅名の読み きたあやせ
開業年月日 昭和54(1979)年12月20日
所在地 東京都足立区谷中2丁目
営業形態 直営
1日の平均乗降客数 2万4951人(平成19年度)
所属路線 東京メトロ千代田線
乗り入れ路線 東京メトロ千代田線
徒歩連絡が可能な駅 なし
地下鉄駅番号 C20
のりば案内 のりば(番線表示なし)…東京メトロ千代田線北綾瀬支線上り(綾瀬行き) 次は綾瀬
発着する速達列車 なし
駅名改称歴 なし
駅内設備 なし
主な併設施設 なし
主な周辺施設 菖蒲沼公園
谷中公園
大谷田公園
綾瀬警察署
足立区立郷土博物館

エレベーター情報 (バリアフリー達成度 

改札内 改札階(1F)⇔ホーム(2F)
改札外 改札・出口が1Fにあるため、不要。

都区内全駅ガイド