東北沢駅


東口

西口
【歴史】

 東北沢駅は、昭和2年の小田急小田原線全通時に設けられた駅。平成18年11月25日に仮設の橋上駅舎に切り替わり、平成25年3月23日には地下駅に切り替わった。

【ホーム構造】

 ホームは島式1面2線構造で、地下1階にある。ホームと改札階を結ぶエレベーターは完備されている。地上時代のホームは相対式2面2線構造で、地下化工事が始まる前は2本の通過線も持っていた。

【改札口・出口】

 改札口・出口は1階にあり、駅舎の両端に東口と西口の2カ所が設けられている。。

【その他特筆事項】

 平成25年3月23日の地下化当時は複々線工事が完了していなかったため、現在急行線となっている線路に仮ホームが設けられていた。平成30年3月3日の複々線化完成に伴い、仮設ホームを撤去し本来のホームが設置された。

周辺地図はコチラ(詳細) (広域)

駅データ

駅名の読み ひがしきたざわ
開業年月日 昭和2(1927)年4月1日
所在地 東京都世田谷区北沢3丁目
営業形態 直営
1日の平均乗降客数 7580人(平成19年度)
所属路線 小田急小田原線
乗り入れ路線 小田急小田原線
徒歩連絡が可能な駅 なし
駅番号 なし
のりば案内 1番線…小田原線下り(本厚木・唐木田・片瀬江ノ島・小田原方面) 次は下北沢
2番線…小田原線上り(新宿・綾瀬・我孫子・取手方面) 次は代々木上原
発着する速達列車 なし
駅名改称歴 なし
駅内設備 なし
主な併設施設 なし
主な周辺施設 東京大学宇宙航空研究所

エレベーター情報 (バリアフリー達成度 

改札内 1・2番線ホーム(B1F)⇔改札階(1F)
改札外 改札が1Fにあるため、不要。

東北沢駅写真ギャラリー

地上時代の北口旧駅舎。
地上時代の南口旧駅舎。陸橋の上にあった。
地下化切り替え後の仮設駅舎。旧北口付近にあった。
地下化工事中にあった仮設橋上駅舎。こちらは北口。
地下化切り替え直後の地下ホームの様子。写真右から中央のタイルの部分までが本来のホームで、それより左の黒いところは仮設の床で拡幅している部分である。これは、平成25年3月23日時点では複々線の外側を走る急行線しか完成していないためである。
仮設ホームの下には、将来的に緩行線となる予定の線路が既に敷かれていた。
ホームの代々木上原方は、すぐに地上となっている。
ホームの下北沢方で、複々線外側の急行線は壁の向こうへと分かれ、緩行線の下へと潜っていく。

都区内全駅ガイド