銀座一丁目駅

銀座の北部にある駅


中央通りにある8番出口

ウインズ銀座最寄りの11番出口
【歴史】

 銀座一丁目駅は、昭和49年の有楽町線池袋〜銀座一丁目間開業と同時に設けられた駅。昭和55年3月27日に新富町へ延伸するまで、有楽町線の終点駅を務めた。

【ホーム構造】

 ホームは地下3階が1番線、地下4階が2番線の二層式。通常の二層式の駅と異なり、ホームの向きが互い違いになっているのが特徴である。ホームと改札階を結ぶエレベーターは完備されている。

【改札口・出口】

 改札口は2カ所で、出口は1〜11の11カ所。地上に上がるエレベーターはなく、地下2階の改札階と地下1階の通路を結ぶ中途半端なエレベーターがあるのみである(詳細は下記別表参照)。

【その他特筆事項】

 銀座一丁目駅は、銀座の北部に位置している。銀座駅までは徒歩5分程度で連絡できるが、地下通路で直結はしていない。

周辺地図はコチラ(詳細) (広域)

駅データ

駅名の読み ぎんざいっちょうめ
開業年月日 昭和49(1974)年10月30日
所在地 東京都中央区銀座1丁目
営業形態 直営
1日の平均乗降客数 3万7263人(平成18年度)
所属路線 東京メトロ有楽町線
乗り入れ路線 東京メトロ有楽町線
徒歩連絡が可能な駅 銀座駅(東京メトロ銀座線 丸ノ内線 日比谷線)…4番または8番出口を出て南へ約200メートル。
京橋駅(東京メトロ銀座線)…7番出口を出て中央通りを北へ約200メートル。
地下鉄駅番号 Y19
のりば案内 1番線…有楽町線下り(新木場方面) 次は新富町
2番線…有楽町線上り(和光市・森林公園・飯能方面) 次は有楽町
発着する速達列車 西武線直通準急 西武線直通快速(西武線直通準急・快速は有楽町線内各駅停車)
駅名改称歴 なし
駅内設備 東京メトロ定期券売り場 平成18年4月28日限りで閉鎖されました
主な併設施設 なし
主な周辺施設 プランタン銀座
マロニエゲート…読売新聞が手がけた商業ビルです。東急ハンズ銀座店が入居。
メルサギンザ2
松屋銀座
ホテル西洋銀座
八重洲富士屋ホテル
警察博物館
ウインズ銀座
メルキュールホテル銀座東京
ホテルモントレ銀座

改札口・出口情報

改札口(改札口の名称は正式に定められているものではありません)
有楽町方面改札 地下2階、ホーム和光市寄りの階段を上った先にある改札。1〜5番出口が近い。
銀座通り方面改札 地下2階、ホーム新木場寄りの階段を上った先にある改札。6〜11番出口が近い。ホーム行きエレベーターあり。
出口
1番出口 中央区銀座1丁目3番地先。銀座インズ3に併設。
2番出口 中央区銀座2丁目2番地先。
3番出口 中央区銀座1丁目3番地。
4番出口 中央区銀座2丁目2番地。
5番出口 中央区銀座2丁目5番地。
6番出口 中央区銀座1丁目7番地。銀座富士ビルに併設。
7番出口 中央区銀座1丁目7番地。中央通り沿い。
8番出口 中央区銀座2丁目6番地。
9番出口 中央区銀座2丁目7番地。
10番出口 中央区銀座1丁目10番地。
11番出口 中央区銀座2丁目9番地。

エレベーター情報 (バリアフリー達成度 

改札内 1番線ホーム(B3F)⇔銀座通り方面改札コンコース(B2F)
2番線ホーム(B4F)⇔銀座通り方面改札コンコース(B2F)
改札外 銀座通り方面改札付近(B2F)⇔1〜6番出口連絡通路(B1F)

備考:このエレベーターは、地上まで出ることのできない中途半端なもの。この先の出口には車イス昇降機すら付いていない。

都区内全駅ガイド