二子玉川駅

通称・ニコタマと呼ばれる街の駅


玉川通りに面する西口

ロータリーがある東口

東口遠景
中央にある塔のようなものはエレベーター
【歴史】

 二子玉川駅は明治40年、渋谷とこの地を結んでいた路面電車の玉川電気鉄道の駅として開業したのがはじまり。玉電の駅名は玉川駅といった。昭和2年7月15日には溝ノ口線として溝の口まで延長した。

 その後、目黒蒲田電鉄二子玉川線(現・東急大井町線)の二子玉川駅が昭和4年11月1日に開業。両駅は昭和15年12月1日に統合され、同時に駅名が二子読売園駅に変わった。

 玉川線は昭和44年5月10日に廃止され、それから8年後の昭和52年4月7日に地下化された新玉川線が開業した。平成12年8月6日に新玉川線は田園都市線に編入され、現在に至る。

【ホーム構造】

 ホームは高架島式2面4線構造。外側の1・4番線を田園都市線が使い、内側の2・3番線を大井町線が使用する。ホームと改札を結ぶエレベーターも完備している。ホーム中央林間寄りには乗り換えのための連絡通路がある。

【改札口・出口】

 改札口は駅渋谷寄りの1カ所のみで、1階にある。出口は東口と西口の2カ所。

【その他特筆事項】

・二子玉川は通称「ニコタマ」と呼ばれ、人気のある街である。駅ができたときは今と同じ「二子玉川」だったが、以来二子読売園→二子玉川→二子玉川園→二子玉川と、駅名が変わったり元に戻ったりを繰り返した非常に珍しい変遷を辿っている。
 ちなみに二子玉川園とは、昭和60年3月いっぱいで閉園した遊園地の名前。平成4年にはその跡地に「ナムコ・ワンダーエッグ」が開園したが、元々期間限定の施設だったこともあって8年後の平成12年いっぱいで閉園になっている。

・かつて週刊少年ジャンプに連載されていた野球漫画『ROOKIES』の舞台となった学校の名前は「二子玉川学園(通称ニコガク)」といった。平成20年4月からTBS系列でドラマ化され、駅西側の多摩川河川敷などがロケによく使われた。

周辺地図はコチラ(詳細) (広域)


駅データ

駅名の読み ふたこたまがわ
開業年月日 明治40(1907)年4月1日
所在地 東京都世田谷区玉川2丁目
営業形態 直営
1日の平均乗降客数 10万1583人(平成19年度)
所属路線 東急大井町線
乗り入れ路線 東急大井町線 東急田園都市線
徒歩連絡が可能な駅 なし
駅番号 DT07 OM15
のりば案内 1番線…田園都市線下り(中央林間方面) 次は二子新地
2番線…大井町線下り(溝の口方面) 次は二子新地(緑の各駅停車は溝の口)
3番線…大井町線上り(大岡山・大井町方面) 次は上野毛
4番線…田園都市線上り(渋谷・南栗橋方面) 次は用賀
発着する速達列車 田園都市線…急行 準急
大井町線…急行
駅名改称歴 昭和14年3月10日、玉川線側の駅が玉川(たまがわ)からよみうり遊園(よみうりゆうえん)へ改称
昭和15年12月1日、駅統合に伴い、二子玉川(ふたこたまがわ)から二子読売園(ふたこよみうりえん)へ改称
昭和19年10月20日、二子玉川(ふたこたまがわ)へ改称
昭和29年8月1日、二子玉川園(ふたこたまがわえん)へ改称
平成12年8月6日、現駅名へ改称
駅内設備 東急定期券売り場
旅行センター…テコプラザ
主な併設施設 なし
主な周辺施設 玉川高島屋
玉川高島屋ガーデンアイランド
二子玉川ライズ
瀬田パークアベニュー
玉川病院
二子玉川緑地
公団二子玉川団地

エレベーター情報 (バリアフリー達成度 

改札内 改札階(1F)⇔1・2番線エレベーター連絡通路(3F)
改札階(1F)⇔3・4番線エレベーター連絡通路(3F)
1・2番線ホーム(2F)⇔1・2番線エレベーター連絡通路(3F)
3・4番線ホーム(2F)⇔3・4番線エレベーター連絡通路(3F)

※この駅のエレベーターは少々特殊な構造で、いったん3Fの連絡通路まで上ったあと、ホームへ下りるエレベーターに乗り換えなければならない。上記写真3枚目に写っている塔のような部分がエレベーターである。
改札外 改札が1Fにあるため、不要。

都区内全駅ガイド