青物横丁駅

江戸時代に野菜市場があった街の駅


駅北端にある出入り口
ホテル東横インの入り口は写真右側にある

ホーム。奥が横浜方面
【歴史】

 青物横丁駅は明治37年に開業した駅。開業当初は青物横町という漢字表記で、その後現在の駅名に改称されている(時期は不詳)。

【ホーム構造】

 ホームは高架相対式2面2線で、3階にある。ホームと改札階を結ぶエレベーターは設置済み。

【改札口・出口】

 改札口は1カ所で、2階にある。出口は駅北端にあるメインの出口のほか、東側に小さな出口と、西側に歩道橋へ直結する出口がある。出口に固有の名称は付けられていない。地上へ下りるエレベーターは、西側の出口付近に設置されている。

【その他特筆事項】

・改札の内外にいくつかの店舗が入居している青物横丁駅だが、改札の目の前には「居食屋 和民」がある。駅構内にある和民は非常に珍しい。終電のギリギリまで飲むことができるということで、店内はいつも混雑しているようである。

・京浜急行電鉄が平成20年に一般公募した結果、当駅の列車接近メロディに島倉千代子の「人生いろいろ」が使われることとなった。これは、島倉千代子が北品川出身であることにちなんでいる。

周辺地図はコチラ(詳細) (広域)


駅データ

駅名の読み あおものよこちょう
開業年月日 明治37(1904)年5月8日
所在地 東京都品川区南品川3丁目
営業形態 直営
1日の平均乗降客数 3万9089人(平成19年度)
所属路線 京急本線
乗り入れ路線 京急本線
徒歩連絡が可能な駅 なし
駅番号 KK04
のりば案内 1番線…本線下り(羽田空港・新逗子・浦賀・三崎口方面) 次は鮫洲
2番線…本線上り(品川・成田空港・印旛日本医大方面) 次は新馬場
発着する速達列車 特急 エアポート急行
駅名改称歴 時期不詳だが、青物横町(あおものよこちょう)から改称されている
駅内設備 京急定期券売り場
主な併設施設 ホテル東横イン南品川青物横丁駅
主な周辺施設 品川寺
海晏寺
都南総合病院

エレベーター情報 (バリアフリー達成度 

改札内 改札階(2F)⇔1番線ホーム(3F)
改札階(2F)⇔2番線ホーム(3F)
改札外 西側出口地上(1F)⇔改札階(2F)

都区内全駅ガイド