梅屋敷駅

ハミ電大賞グランプリ受賞の駅


東口

西口

地上時代の東口旧駅舎

地上時代の西口旧駅舎
【歴史】

 梅屋敷駅は京急の最初の区間である六郷橋〜大森停車場(共に現存せず)間の開業とともにできた駅。

【ホーム構造】

 ホームは高架相対式2面2線構造。平成22年5月16日にまず上り線が高架化され、平成24年10月21日に下り線も高架化された。

 高架化前のホームは地上相対式2面2線。上下ホームは完全分離されていて行き来ができなかった。また、高架化前はホームの長さが4両分しかないため、6両編成の電車は京急蒲田側の2両をはみ出して停車していた。これは、駅の前後に踏切があってホームの延長ができなかったため。

【改札口・出口】

 平成24年10月21日現在、梅屋敷駅の改札口・出口はホームごとに設けられ、上下線は完全分断されている。しかしこれは、駅構内の工事が終わるまでの暫定的な措置と思われる。上り線が高架化された平成22年5月16日から平成24年10月20日までは、改札口は東側の1カ所に集約されていた。

【その他特筆事項】

・梅屋敷という地名の由来は、江戸時代に山本久三郎という商人が自分の屋敷に梅の木を植えた庭園を造り、そこで茶屋を営んだことから。また、梅屋敷はかつてフジテレビで放送されていたバラエティ番組『笑う犬』シリーズのコント「トシとサチ」の舞台にもなっている。

・平成21年2月20日にテレビ朝日の「タモリ倶楽部」で放送された「首都圏ハミ電大賞グランプリ」では、見事この梅屋敷駅が大賞を受賞した。しかしながら高架化完成後はそれもなくなってしまったのが残念である。

・平成24年度前期放送のNHK朝のテレビ小説「梅ちゃん先生」が大田区蒲田を舞台にしていることにちなみ、同年4月9日から放送が終了する9月30日まで、駅ホームなどに同番組の装飾が施されていた。駅メロディーも主題歌「さかさまの空(唄:SMAP)」となっていた。

周辺地図はコチラ(詳細) (広域)

駅データ

駅名の読み うめやしき
開業年月日 明治34(1901)年2月1日
所在地 東京都大田区蒲田2丁目
営業形態 直営
1日の平均乗降客数 1万3845人(平成18年度)
所属路線 京急本線
乗り入れ路線 京急本線
徒歩連絡が可能な駅 なし
駅番号 KK10
のりば案内 1番線…本線下り(横浜・新逗子・浦賀方面) 次は京急蒲田
2番線…本線上り(品川・泉岳寺方面) 次は大森町
発着する速達列車 なし
駅名改称歴 なし
駅内設備 京急定期券売り場
主な併設施設 なし
主な周辺施設 聖蹟蒲田梅屋敷公園
大田区体育館
東邦大学医学部
東邦大学医学部附属大森病院

エレベーター情報 (バリアフリー達成度 

改札内 東口改札階(1F)⇔1番線ホーム(2F)
西口改札階(1F)⇔2番線ホーム(2F)
改札外 改札が1Fにあるため、不要。

都区内全駅ガイド