池上駅

池上本門寺の門前駅


池上駅駅舎。2面が出入り口になっている

池上駅は東急で唯一構内踏切が残っている
【歴史】

 池上駅は大正11年、池上電気鉄道最初の区間である蒲田〜池上間開業と同時にできた駅。翌年5月4日には雪ヶ谷まで延長した。

【ホーム構造】

 ホームは地上相対式2面2線。東急の駅では安全向上のために構内踏切の廃止が進んだが、池上駅だけは東急で唯一構内踏切が残されている。

【改札口・出口】

 改札口・出口は1カ所のみで、1番線側にある駅舎内にある。

【その他特筆事項】

・日蓮宗の大本山である池上本門寺は、池上駅の北約500メートル。

・西島三重子が歌う『池上線』がヒットしたのは昭和51年。この歌で池上線の知名度は全国的なものとなった。この歌は平成15年に韓国出身の歌手・チェウニによってカバーされている。

・2020年9月頃までに、駅舎が改築される見込み。橋上駅舎化と駅ビルの建設が行われる。

周辺地図はコチラ(詳細) (広域)

駅データ

駅名の読み いけがみ
開業年月日 大正11(1922)年10月6日
所在地 東京都大田区池上6丁目
営業形態 直営
1日の平均乗降客数 3万3307人(平成19年度)
所属路線 東急池上線
乗り入れ路線 東急池上線
徒歩連絡が可能な駅 なし
駅番号 IK13
のりば案内 1番線…池上線下り(蒲田方面) 次は蓮沼
2番線…池上線上り(五反田方面) 次は千鳥町
発着する速達列車 なし
駅名改称歴 なし
駅内設備 なし
主な併設施設 なし
主な周辺施設 池上本門寺
池上文化センター
池上総合病院
池上警察署

エレベーター情報 (バリアフリー達成度 

改札内 各ホームは構内踏切で結ばれているため、不要。段差はスロープで解消されている。
改札外 改札が1Fにあるため、不要。

   

都区内全駅ガイド