東十条駅


陸橋上にある南口

平成16年に改良された北口東側出入り口
エレベーターとエスカレーターを完備している
【歴史】

 東十条駅は、昭和6年に追加開業した駅。京浜東北線の電車のみが停車する駅である。

【ホーム構造】

 ホームは地上島式2面3線構造。駅に隣接して元は下十条電車区だった電留線があり、東十条止まりの列車も一部にある。その列車は真ん中の中線を使用する。ホームと改札階を結ぶエレベーターは、北口側に設けられている。

【改札口・出口】

 改札は北口と南口の2カ所で、いずれも橋上。北口駅舎は東西に出口を持っている。平成16年に北口の東側出入口が改良され、エレベーターとエスカレーターを備えられた。ただ、改札や駅事務室がある駅舎はどちらも従来のままである。

【その他特筆事項】

 北口駅舎内には、なぜか未だに「miniコンビ」がある(詳しくは下記の写真を参照)。

周辺地図はコチラ(詳細) (広域)

駅データ

駅名の読み ひがしじゅうじょう
開業年月日 昭和6(1931)年8月1日
所在地 東京都北区東十条3丁目
営業形態 直営
1日の平均乗降客数 4万3250人(平成19年度)
※JRの乗降客数は、公式発表の乗車人員客数(降車客は含まない)を単純に2倍にしたもの
所属路線 東北本線
乗り入れ路線 [戸籍上]
東北本線
[便宜上]
京浜東北線
徒歩連絡が可能な駅 なし
地下鉄駅番号 なし
のりば案内 1番線…京浜東北線南行き(横浜・大船方面) 次は王子
2番線…京浜東北線南行き東十条始発列車(横浜・大船方面) 次は王子
3番線…京浜東北線北行き東十条終着列車(降車専用)
4番線…京浜東北線北行き(赤羽・大宮方面) 次は赤羽
発着する速達列車 京浜東北線快速
駅名改称歴 昭和32年4月1日、下十条(しもじゅうじょう)から改称
駅内設備 なし 指定席券売機あり
主な併設施設 なし
主な周辺施設 東十条病院

エレベーター情報 (バリアフリー達成度 

改札内 1・2番線ホーム(1F)⇔北口改札階(2F)
3・4番線ホーム(1F)⇔北口改札階(2F)
改札外 北口東側出口(1F)⇔北口改札階(2F)

東十条駅写真ギャラリー

東十条駅北口の西側出口。上記2枚目の写真の反対側にあたる。新しくなった東側の出口はエレベーターとエスカレーターが完備されてバリアフリー化が図られたが、こちらは出口を出た途端に十数段の上り階段があり、交通弱者には優しくない。
北口駅舎の改札外にある「miniコンビ」。JR系列コンビニの「JC」と「miniコンビ」は平成13年に統合されて「NEWDAYS」「NEWDAYS MINI」となったはずなのだが、なぜか東十条駅の店舗は未だに「miniコンビ」のまま営業している(平成19年5月現在)。

都区内全駅ガイド