千歳烏山駅


平成22年11月に新設された南口

同じく平成22年11月に新設された北口

西口南側出入り口

旧東口南側出入り口
【歴史】

 千歳烏山駅は大正2年、京王電気軌道(当時)の最初の区間である笹塚〜調布間の開業と同時にできた駅。当時の駅名は烏山駅といったが、昭和4年に現駅名に改称された。

【ホーム構造】

 ホームは地上相対式2面2線構造。

【改札口・出口】

 改札口は南口・北口・西口の3カ所。南口は1番線ホーム、北口は2番線ホームに直結し、西口は地下1階にある。

 かつては南口・北口はなく、代わりに東口という改札が地下1階にあったが、バリアフリー化のため平成22年11月に改良が施された。東口地下通路は南北自由通路となり、双方の出口にエレベーターが設置されている。

【その他特筆事項】

 駅名に冠されている「千歳」とは、かつてこの付近にあった旧村の名前。明治26年に東京府に編入されるまでは、神奈川県だった。他に「千歳」を関する駅は、小田急線の千歳船橋駅がある。

周辺地図はコチラ(詳細) (広域)

駅データ

駅名の読み ちとせからすやま
開業年月日 大正2(1913)年4月15日
所在地 東京都世田谷区南烏山6丁目
営業形態 直営
1日の平均乗降客数 7万4715人(平成19年度)
所属路線 京王線
乗り入れ路線 京王線
徒歩連絡が可能な駅 なし
駅番号 KO12
のりば案内 1番線…京王線下り(京王八王子・高尾山口・橋本方面) 次は仙川
2番線…京王線上り(新宿・本八幡方面) 次は芦花公園
発着する速達列車 急行 区間急行 快速
駅名改称歴 昭和4年8月7日、烏山(からすやま)から改称
駅内設備 京王定期券売り場
主な併設施設 なし
主な周辺施設 昭和大学附属烏山病院
日本女子体育大学

エレベーター情報 (バリアフリー達成度 

改札内 南口改札と北口改札がホームに直結しているため、不要。
改札外 南北自由通路(B1F)⇔南口(1F)
南北自由通路(B1F)⇔北口(1F)

都区内全駅ガイド