浮間舟渡駅

北区と板橋区にまたがる駅


高架下に収まっている駅舎

正面から見たアングル
【歴史】

 浮間舟渡駅は、昭和60年の埼京線赤羽〜大宮間開業と同時にできた駅。

【ホーム構造】

 ホームは高架島式1面2線構造。ホームと改札階を結ぶエレベーターは設置済みである。

【改札口・出口】

 改札口・出口は1カ所のみで、地上1階にある。高架駅にもかかわらず、出口が北側にしかない。

【その他特筆事項】

 駅の所在地は北区浮間だが、大宮寄り半分ほどは板橋区舟渡にまたがっている。駅名が合成になっているのはそのためである。浮間舟渡を出た埼京線は間もなく荒川を渡り、都区内を出て埼玉県戸田市へと入る。

周辺地図はコチラ(詳細) (広域)

駅データ

駅名の読み うきまふなど
開業年月日 昭和60(1985)年9月30日
所在地 東京都北区浮間4丁目
営業形態 直営
1日の平均乗降客数 3万7918人(平成19年度)
※JRの乗降客数は、公式発表の乗車人員客数(降車客は含まない)を単純に2倍にしたもの
所属路線 東北本線
乗り入れ路線 [戸籍上]
東北本線
[便宜上]
埼京線
徒歩連絡が可能な駅 なし
地下鉄駅番号 なし
のりば案内 1番線…埼京線上り(新宿・大崎・新木場方面) 次は北赤羽
2番線…埼京線下り(大宮・川越方面) 次は戸田公園
発着する速達列車 なし
駅名改称歴 なし
駅内設備 みどりの窓口 指定席券売機の設置に伴い、みどりの窓口は閉鎖
主な併設施設 なし
主な周辺施設 浮間公園…浮間ケ池を中心とした公園です。
赤羽ゴルフ場…荒川河川敷にあるゴルフ場です。
荒川戸田橋緑地

エレベーター情報 (バリアフリー達成度 

改札内 改札階(1F)⇔ホーム(2F)
改札外 改札が1Fにあるため、不要。

都区内全駅ガイド