仲御徒町駅

大江戸線開業で発展した駅


多慶屋前の3番出口

JR御徒町駅前のA6出口
【歴史】

 仲御徒町駅は、日比谷線の最初の区間である南千住〜仲御徒町間が開業した昭和36年にできた駅。当初はここが日比谷線の終点だったが、その翌年の5月31日には人形町まで延伸した。

【ホーム構造】

 ホームは島式1面2線構造で、地下2階にある。近年駅構内がリニューアルされたが、エレベーターは設置されていない。

【改札口・出口】

 改札口はホームの両端の階段を上がった地下1階に2カ所ある。出口は上野広小路駅・上野御徒町駅とは連番になっておらず、1〜4の4カ所がある(詳細は下記別表参照)。

【その他特筆事項】

 銀座線上野広小路駅・大江戸線上野御徒町駅と同一駅扱いなので、銀座線と日比谷線は通しの切符で乗換もできる。30分以内なら、仲御徒町駅でいったん降りてアメ横や松坂屋で買い物をし、銀座線に乗り換えて目的地へ向かうというワザも可。

周辺地図はコチラ(詳細) (広域)

駅データ

駅名の読み なかおかちまち
開業年月日 昭和36(1961)年3月28日
所在地 東京都台東区上野5丁目
営業形態 直営
1日の平均乗降客数 5万394人(平成19年度)
所属路線 東京メトロ日比谷線
乗り入れ路線 東京メトロ日比谷線
徒歩連絡が可能な駅 御徒町駅(JR線)
上野御徒町駅(都営大江戸線)   御徒町駅以外の2駅は地下道で結ばれ、乗り換え可能。
上野広小路駅(東京メトロ銀座線)
駅番号 H16
のりば案内 1番線…日比谷線下り(銀座・中目黒方面) 次は秋葉原
2番線…日比谷線上り(北千住・東武動物公園方面) 次は上野
発着する速達列車 なし
駅名改称歴 なし
駅内設備 なし
主な併設施設 なし
主な周辺施設 松坂屋上野店
吉池本店
多慶屋
アメヤ横丁

改札口・出口情報

改札口
南出口 地下1階、駅南寄りの階段を上った先にある改札。1・2番出口専用。
北出口 地下1階、駅北端・もしくは中央付近の階段を上った先にある改札。3・4番出口が近い。
銀座線・大江戸線・JR線への乗換はコチラ。
出口
1番出口 台東区台東3丁目42番地。
2番出口 台東区上野5丁目15番地。
3番出口 台東区台東4丁目33番地。多慶屋はコチラ。
4番出口 台東区上野5丁目24番地。

エレベーター情報 (バリアフリー達成度 ×

改札内 ホームと改札階を結ぶものが必要だが、未設置。
改札外 改札階と地上を結ぶものが必要だが、未設置。大江戸線の上野御徒町駅には地上⇔改札階間のエレベーターがあるが、仲御徒町駅改札階(B1F)と上野御徒町駅改札階(B2F)の間にエレベーターがないので利用できない。

都区内全駅ガイド