茅場町駅

東京証券取引所が近い、日本経済の中心地の駅


日比谷線2番ホーム直結の2番出口

澁澤シティプレイス敷地内の4a出口

日本橋駅への地下通路
【歴史】

 茅場町駅は、昭和38年の日比谷線人形町〜東銀座間延伸時に開業した駅。東西線は、昭和42年9月14日の大手町〜東陽町間延伸時に乗り入れている。

【ホーム構造】

 日比谷線ホームは相対式2面2線構造で、新大橋通りの地下1階にある。東西線ホームは島式1面2線構造で、永代通りの地下3階にある。両線の乗換は、階段を一本で行えるため便利である。ホームと改札階を結ぶエレベーターは東西線ホームの中野寄りに設置されているが、日比谷線と東西線の乗換には利用できない。

【改札口・出口】

 改札口は5カ所で、全て地下1階にある。出口は1〜4a・4b〜12の13カ所(詳細は下記別表参照)。

【その他特筆事項】

・茅場町駅は東京証券取引所がある日本橋兜町の最寄駅で、そのため駅周辺には金融業者や証券会社が多い。平日にはビジネスマンや投資家たちの姿を多く見かけるが、その反面東証が休みの休日になると街から歩行者がほとんどいなくなる。

・隣の日本橋駅との間は、地下通路でつながっている。乗換はできないが、雨の日などには便利である。改札外通路なので一般の歩行者も通行可能。

・茅場町駅の発車ブザーは、東京メトロの中ではここでしか使われていない特殊なものだった。他の駅が、車掌がボタンを押している間だけ鳴る「プーー」というものなのに対し、茅場町駅のブザーは「パパパパパパ パパパパパパ パパパパパパ」と鳴っていた。しかし、いつの間にか使われなくなったようである。

周辺地図はコチラ(詳細) (広域)

駅データ

駅名の読み かやばちょう
開業年月日 昭和38(1963)年2月28日
所在地 東京都中央区日本橋茅場町1丁目
営業形態 直営
1日の平均乗降客数 12万5004人(平成19年度)
所属路線 東京メトロ日比谷線
乗り入れ路線 東京メトロ日比谷線 東京メトロ東西線
徒歩連絡が可能な駅 日本橋駅(東京メトロ銀座線 東京メトロ東西線 都営浅草線)…地下道でつながっている。
駅番号 H12 T11
のりば案内 1番線…日比谷線下り(銀座・中目黒方面) 次は八丁堀
2番線…日比谷線上り(北千住・東武動物公園) 次は人形町
3番線…東西線下り(西船橋・津田沼・東葉勝田台方面) 次は門前仲町
4番線…東西線上り(中野・三鷹方面) 次は日本橋
発着する速達列車 東西線快速 東西線通勤快速
駅名改称歴 なし
駅内設備 東京メトロ定期券売り場
主な併設施設 なし
主な周辺施設 澁澤シティプレイス
東京証券取引所
東京証券会館
山万本社
ホテルユニバース日本橋茅場町
茅場町パールホテル
中央警察署
日本橋消防署

改札口・出口情報

改札口
茅場町2丁目方面改札(1番線側) 地下1階、1番線ホーム中目黒寄りに直結する改札。1番出口専用。
茅場町2丁目方面改札(2番線側) 地下1階、2番線ホーム中目黒寄りに直結する改札。2番出口専用。
東改札 地下1階、1番線ホーム北千住寄りに直結する改札。3・4番出口専用。
中央改札 地下1階、2番線ホーム北千住寄りに直結する改札。5〜8番出口が近い。
西改札 地下1階、東西線ホーム中野寄りの階段を上った先にある改札。9〜12番出口が近い。ホーム行きエレベーターあり。
出口
1番出口 中央区日本橋茅場町2丁目12番地。
2番出口 中央区日本橋茅場町2丁目9番地。
3番出口 中央区日本橋茅場町1丁目11番地。
4a番出口 中央区日本橋茅場町1丁目13番地。澁澤シティプレイスはコチラ。付近に改札階行きエレベーターあり。
4b番出口 中央区日本橋茅場町1丁目13番地。
5番出口 中央区日本橋茅場町1丁目10番地新大橋通り沿い。
6番出口 中央区日本橋茅場町1丁目10番地永代通り沿い。
7番出口 中央区日本橋茅場町1丁目4番地。
8番出口 中央区日本橋茅場町1丁目5番地。東京証券会館に併設。
9番出口 中央区日本橋茅場町1丁目6番地。
10番出口 中央区日本橋兜町7番地。
11番出口 中央区日本橋兜町7番地。
12番出口 中央区日本橋兜町13番地。

エレベーター情報 (バリアフリー達成度 

改札内 東西線3・4番線ホーム(B3F)⇔西改札コンコース(B1F)
備考:日比谷線ホームは改札直結のためエレベーター不要。日比谷線ホームと東西線ホームを結ぶエレベーターはない。
改札外 東改札階(B1F)⇔地上4a番出口付近
備考:東西線ホーム行きエレベーターのある西改札とは日比谷線の線路で隔たれているので、このエレベーターは日比谷線1番線ホームにしか行くことができない。茅場町駅のエレベーターは中途半端な設置状況となっている。

都区内全駅ガイド